インターネットナビウェア(InternetNavigware)はi-naviとも言われている物で、富士通が提供しているeラーニングマネジメントシステムで教材作成、成績管理、学習、講座、集合研修の運用管理と言った物をトータル的にサポートしてくれます。教育において
色んな学習内容に沿ってi-naviでは教材作成をする事が出来るのですが、色んなタイプの教材をi-naviでは使う事が出来ます。どんなタイプが有るのかちょっと挙げてみましょう。 【診断型学習教材】 受講者にとって最適な学習内容を診断エンジンが導き出して提示し
様々な特長がi-naviのeラーニングソリューションに有りますので、その特長を挙げてみたいと思います。 先ずは「セキュリティ品質が高い」と言う特長が挙げられます。監視ログへ出力したりSSL対応したりする事で、セキュリティの脅威からi-naviのシステムを防止
「導入教育サービス」も富士通グループがi-naviを導入してくれるお客様に対して行ってくれるサービスの1つになります。こうしたサービスが充実している事からも、導入してくれるお客様に対しての支援の強さを物語っていると思います。「導入教育サービス」とはどんな内容な
「教材作成サービス」も富士通グループがi-naviを導入してくれるお客様に対して行ってくれるサービスの1つになります。 【教材作成サービス】 現在お客様が使っているWordやPowerPointのデータ、手書きの文書等を富士通がお客様から素材として提供
i-naviまたはInternetNavigwareと呼ばれる富士通が提供しているシステムが有ります。このシステムを導入する事により色んな事ができますが、ここではInternetNavigware (i-navi)の学習スタイルについて挙げてみたいと思います。
「カスタマイズサービス」も富士通グループがi-naviを導入してくれるお客様に対して行ってくれるサービスの1つになります。 【カスタマイズサービス】 i-naviのeラーニングシステムのカスタマイズが出来るサービスを提供しています。トップページを変更し