野菜やフルーツといった食材は、日本、そして世界における食卓には欠かせない物です。 その知識や調理法を学ぶ野菜ソムリエは、世界に通用する資格といえます。 そして、単に資格を取っておしまい、というものではありません。 可能性はその後も無限に広がっています。
資格のひとつとして、一般的に普及してきている野菜ソムリエ。 しかし、普及しているからと言って、安易に「自分もなろう」とすぐに決めてしまうのは、決して得策とはいえません。 もちろん、野菜ソムリエ自体は健全極まりない資格です。 ですが、誰にとっても有益な
近年では、一般人の受講者が急増していると言われる野菜ソムリエ。 実際、設立当初と比較すると、かなり受講者層は変化しているようです。 当初は女性がほとんどでしたが、近年においては必ずしもそうではありません。 野菜ソムリエの受講、受験者の男女比は、男性2
2000年代後半あたりから、テレビや雑誌等でよく「野菜ソムリエ」という言葉を目にするようになりました。 野菜ソムリエというのは、簡単にいえば「野菜版ソムリエ」です。 ソムリエというのは、レストラン等でお客にワインを選んであげるナビゲーターのような存在で
資格というものは、古くから存在するものもあれば、新しく誕生するものもあります。 野菜ソムリエは、その後者に該当する資格ですね。 野菜ソムリエが誕生したのは、2001年の事です。 21世紀になって生まれた、かなり新しい部類の資格です。 元々の資格名称
かなり多くの人が受験するようになった野菜ソムリエですが、あまり関心がない人は、「どうしてその資格を必要としているの?」と思うのではないでしょうか。 そんな方達に向けて、野菜ソムリエという資格のメリットを紹介していきます。 野菜ソムリエのメリットは、たく
誰でも気軽に取得できる資格として、高い人気を得ている野菜ソムリエ。 ですが、その野菜ソムリエの資格を得るためには、相応の代償を支払う必要もあります。 まず、お金です。 資格を得る中で、必要コストがほとんどかからないという資格はほとんどありません。 勉強
野菜ソムリエの試験を受ける前に、提出を求められる「ベジフルカルテ」。 ただ漫然と講座を聞いていただけでは、課題の作成に苦労する事になるかもしれません。 とはいえ、難しい課題が出されるわけではありません。 基本的には、自分でテーマを決めて自分で仕上げるもの
野菜ソムリエとして活動していくにあたって、単に知識さえあれば良いかというと、そうはいきません。 野菜や果物を実際に調理する事も、当然求められます。 その調理法を学ぶ科目が「ベジフルクッカリー」です。 「ベジフルクッカリー」では、まず野菜、果物のカット
ジュニア野菜ソムリエの講座の受講申込みをした後、最初に受講するのは「ベジフルコミュニケーション」という科目となります。 最初の講座は、野菜の基礎的な知識を学ぶのでは…と思う人も多いでしょうが、実際にはこのコミュニケーション学習からスタートするのです。 それ
| 1 | 2 | 次ページ >>