1.『食』に関心・栄養について知識があること 2.料理が好きで、研究熱心であること 基本、上記の条件を満たしていれば誰でも料理研究家になることができると言えます。料理研究家という資格はなく、料理好きの人で一日の大半を料理について研究しているのであれば、それ
最近、よくテレビや雑誌で料理研究家を見かけますが、彼らはどのようにして料理研究家となったのでしょうか? そもそも料理研究家という資格はありません。料理研究家を目指すのであれば、大学・短大・専門学校などで栄養学や調理について学び、料理研究家のアシスタントや人気
「食育」や昨今の健康ブームなど、「食」への関心・食事の大切さが見直されています。 この「食」の時代だからこそ、料理研究家の活躍が期待されています。 テレビの料理番組や雑誌の料理記事のような、さまざまな料理情報・レシピの考案も料理研究家の仕事です。料理研究家
料理研究家は料理に関する幅広い知識を持ち、料理の実践的手法を人々に指導する職業ですが、料理研究家になるために取得が必要な資格はありません。 料理に関心があり、日々実践的なレシピの考案・独創的なアイディアがあれば、料理研究家になれる可能性は誰にでもあると言えま
料理研究家として活動する上で、意識しなければいけないこと。それは、やはりクライアント(お客様・生徒さん)からの要望にしっかりとこたえられることです。 その要望とは、料理に関する質問にこたえることだけでなく、「食」に関する情報提供・美味しく手軽なレシピを考案・
料理研究家は特に必要な資格もなく、誰にでもなれますが、それ故料理研究家自身のスキルや知識の深さが求められる職業です。 現在活躍している多くの料理研究家が、単に料理を紹介するだけでなく、使用する食材の栄養・食育・健康効果・簡単調理のテクニック・食文化の普及など